FREASIAN diary
我が家のわんこ(シェルティ)達との楽しい日常を綴ります♪
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドミノ、ありがとう。
2013年10月11日、ドミノが天に召されました。14歳4ヶ月でした。
あまりにも悲しくて中々記事に出来なかったけれど、やっと落ち着いて彼のことを思い出せるようになりました。

ドミノはそれまで雑種しか飼ったことのなかった私が初めて飼った血統書付きのシェルティで、子供の頃から憧れだったショーの世界を教えてくれた先生でした。
知的で紳士的な子で、憧れだったアメリカのチャンピオン犬達の血統を受け継いだ大変美しい犬でした。

彼の存在を知った当初(大学4回生でした)は別のオーナーさんの犬でした。
私は彼の子供が欲しくて、そのオーナーさんにトライの牝を予約したのですが、その時は残念ながらショータイプの子犬が生まれていませんでした。
しばらくして、ドミノを手放すという話を犬友から聞き、慌てて新オーナーに立候補しました。
そして希望が叶って、なんと大好きで憧れていたドミノ自身が私の相棒になったのです。
今でもその時の嬉しさは忘れられません。本当に夢のようでした。

(前オーナーさんにいただいた画像、生後3ヶ月頃)
20131011-3.jpg

ドミノと住むために、住んでいたペット不可のアパートを引き払い、築100年以上の長屋に引越しました。
古いし寒いし不便だし、色々不都合はあったけど犬と住める物件は当時の大学付近では中々なくて、それでもドミノと暮らせて幸せでした。一人と一匹の生活が始まったのです。

ドミノがやってきたのは1歳換毛真っ只中の1歳半の冬でした。
シェルティを飼ったことのなかった私はそんなに毛の抜ける年代があることも知らず、以前写真で見た美しいドミノと目の前の貧相な姿のギャップに驚いたのでした。
前オーナーさんの「春になったらコートが出てショーに出せるよ」との言葉を胸に、雪の中運動やトレーニングを頑張っていました。
クールな見かけとは裏腹に溝に落ちたり、停まってる車にぶつかったり、ドンくさいところもあって、憎めない可愛いヤツでした。

(ドミノがきた翌冬に生まれたバイブラックのピグと大学の羊の放牧地で毎日遊んでました。羊追いは下手くそで、ピグの方が上手でした。この2頭からFREASIANが始まりました。)
20131011-10.jpg

(下宿の庭先で。冬になると雪がよく降りました。)
20131011-6.jpg

(ショーの風景。私がメチャクチャでもドミノはいつも落ち着いてリードしてくれました。)
20131011-4.jpg

春になって、コンディションが良くなりショーチャレンジが始まりました。
ショーマナーが入っていて、出陳経験もあったドミノに教えられながら、安物のスキバサミでザンギリカットにしちゃったり、テーブルに逆向きに乗せてジャッジにお尻向けちゃったり、ジャッジに指示されたコースと全然違うコースを走ったり・・・でも勝っても負けても、とっても楽しかった。
最終的にはJKC-CHとJCC-G-CHのタイトルをとりましたが、私は初心者の下手な相棒でかなりドミノの足を引っ張っってました。ハンドリングをお願いしたり、色んな方々の手助けを受けたからこそ完成出来たのだと思います。
先輩ブリーダーさんやシェル友、繁殖犬のオーナー様達、色んな方々との縁を繋いでくれたのもドミノでした。
今の私があるのも、FREASIANという犬舎があるのも、みんな彼のおかげです。

(4歳の頃。この頃が一番美しかった。)
20131011-7.jpg

(上の写真と同じ時。沢山の子供にも恵まれ、充実していました。)
20131011-8.jpg

(家ではベタベタするのではなく、少し距離をおいてそばに居るのが好きでした。そしてクッションや布団が大好きでした。孫のニコルと。)
20131011-5.jpg

(ドミノの最後のショー出陳は10歳でした。チャンピオンクラスのピックアップまで残りました。美しいアウトラインが自慢でした。)
20131011-1.jpg

(穏やかで、気遣いの出来る優しい子でした。犬部屋でシャンプー後の写真。顔が大分白くなってきました。)
20131011-2.jpg

(枝垂れ桜の下で、ひ孫のリタ、玄孫のシングと。)
20131011-12.jpg

(11歳の頃に僧帽弁膜症を患い、以来投薬していました。14歳を迎えた頃には両心室に血液の逆流が見られ、腹水も溜まるようになりましたが、食欲もあり元気でした。ただ散歩中に興奮して貧血になったため、それ以来散歩へ行くのはやめました。)
20131011-13.jpg

(亡くなる数日前。この頃には食欲もなくなり、立つことも出来なくなりましたが、日光浴して嬉しそうな表情です。)
20131011-14.jpg

(お葬式は私の両親と私達家族3人の5人で見送りました。)
20131011-15_convert_20140505203420.jpg

(亡くなった時も四十九日にもお花が届き、みんなに愛され、大切に思っていただける犬だったんだと改めて感じました。)
20131011-16_convert_20140505203503.jpg

ドミノとは学生、就職、結婚、出産と人生の大きな節目を共に過ごしました。その間、ずっと私の最高の相棒で、ここには書ききれない沢山の思い出があります。なんというか、今いる若いワンズは自分の子供のような感覚ですが、彼とは対等な関係だったのです。ドミノと築いたような関係はもう二度と得られることはないと思います。

ありがとうドミノ、本当に大好きだったよ。虹の橋できっと待っててね。
スポンサーサイト

テーマ:シェルティ☆大好き - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。